梨泰院クラス(私のおすすめドラマ1本)|スタッフブログ|グロースファミリーハウス|北摂・阪神間エリアの新築一戸建て情報
トップページ > スタッフブログ >  梨泰院クラス(私のおすすめドラマ1本)

スタッフブログ

2021.03.06

 梨泰院クラス(私のおすすめドラマ1本)

こんにちは!業務管理課の斎藤です。
新型コロナウィルスの拡大感染を受けて、家で過ごす時間が増えました。
そんなステイホームを素敵に過ごす、私のおすすめドラマ1本。
私は、韓国ドラマ『 梨泰院クラス 』をご紹介します。

 

韓国ドラマや映画でよく見かける素敵な男の子パク・ソジュンがまた出てるんだぁと何気なしに視聴し始めた『 梨泰院クラス 』。
結局、ぶっ通しで観続け、面白く視聴完了しました。

 

パク・セロイを演じるパク・ソジュンですが、特徴的なヘアスタイルが最初「・・・。」と思いました。
ただ、漫画と同じ髪型で良かったのかもしれません。
パク・セロイはとても正義感と頑固さ、熱意を持ち合わせた性格ですが、パク・ソジュンの雰囲気にとても合った役だなぁと思いました。
『 彼女はキレイだった 』、『 サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~ 』、『 キム秘書がなぜそうか? 』など・・・。
近年では次々とヒット作に出演している、旬な俳優。
鍛え上げられた肉体美とモデルのようなスタイルの良さ、そして飾らない演技で、これからもどんどん活躍しそうですね。

 

そして何と言っても、キム・ダミ演じるチョ・イソはドラマを最も牽引したキャラクター。
ときに可愛らしく、ときに冷酷な振る舞いで「 ソシオパス 」という原作のキャラクターの特徴を絶妙に描き出していました。
チョ・イソは、パク・セロイの前でも発言にまったく遠慮がありません。
彼の前に現れた時のセリフが、
「 ここで働かせてください。夢を叶えてさしあげます 」
しかし、不思議と憎たらしさを感じさせず、むしろ一途な思いがダイレクトに伝わる好印象。
やはり、キム・ダミの演技が良かったです。

 

パク・セロイの初恋の人、クォン・ナラ演じるオ・スア。
最後までモヤモヤするのは、彼は、いつまでオ・スアを好きだったのでしょうか?
オ・スアはパク・セロイにとって特別な女性です。
初恋の人であり、父の死によって生きる目的を失ってしまった彼に「 長家への復讐 」という新たな目標を自覚させた女性。
また、服役中にオ・スアから送られた手紙は、パク・セロイの心の支えとなっていたはずです。
チャン・デヒ会長からの奨学金の申し出を断ることができず、キャリアウーマンとして長家で働くことになります。
それにより、パク・セロイの復讐と長家との板挟みになっていき、観てて辛くなります。

 

敵役の長家(チャンガ)グループの創設者にして会長チャン・デヒを演じたユ・ジェミョン。
様々なドラマで良い役も悪い役も演じているよくお見かけする名バイプレーヤー。
ドラマの中ではいつも、韓服を着て、いかにも外食産業のトップという役を好演していました。
『 花郎 』、『 応答せよ1988 』、『 刑務所のルールブック 』、『 空から降る一億の星 』など・・・。
多くの名作に出演しており、若い頃から劇団で演劇を中心に活躍されてただけあって、演技力に定評のある俳優さんです。
『 梨泰院クラス 』でも、最後は末期がんになるのですが、肌の様子も不健康そうな感じにしてあって凄みのある様子でした。

 

ひと言で言うと、「 15年と言う長きにわたる壮大な復讐劇 」。
シンプルなストーリーですが、そこには恋愛、友情、情熱、青春、ビジネス、そして復讐がギュッと詰まっています。
男性ファンも多かったようですが、ドラマを観て納得できます。
やっぱりパク・セロイのブレない信念を持った生き方に共感してしまいます。
ドラマを観ながら、いつの間にか応援している自分がいると言う人が多かったのではないでしょうか。
本当に様々な妨害工作や叩き潰しにもめげずに、成功へと突き進んでいくパク・セロイを応援しないわけがありません。

 

『 梨泰院クラス 』は、ポップでファッショナブルなドラマでもありますが、根底はとても熱くて泥臭いドラマです。
韓国では「 毎回のように人生の名場面、人生の名ゼリフを誕生させ、シンドロームを巻き起こした 」と評されているらしいです。
それでいてシリアスなシーンばかりでなく、コミカルなシーンもあって、緩急がすごいドラマでした。
「 自分は精一杯生きているだろうか?」
「 自分は人を大切にしているだろうか?」
と、ドラマを観た後、自分の人生を見つめ直したくなりました。

 


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
  ランキングに参加中!
クリックして応援お願いします!

  • 建売・土地情報 ご家族そろって、お近くのモデルハウスへお気軽にお越しください!
  • 資料請求 家づくりにちょっとでも不安がある方、これから家を建てる方に役立つ情報が満載です。