弁天の里(京都府亀岡市西別院町)|スタッフブログ|グロースファミリーハウス|北摂・阪神間エリアの新築一戸建て情報
トップページ > スタッフブログ >  弁天の里(京都府亀岡市西別院町)

スタッフブログ

2021.05.01 NEW

 弁天の里(京都府亀岡市西別院町)

こんにちは!
先月になりますが、美味しいたまごかけごはんのお店を見つけたので行ってきました。

 

ちょうど、亀岡市にあるサンガスタジアム by KYOCERAへサッカー観戦に行く道中に寄ってきました。
大阪から車で30分くらい。
大阪府と京都府の県境、亀岡市に入って500mくらいの場所にあります。
だいぶ有名になって観光地化しているようで、広い駐車場がお向かいにあります。

 

日曜日の午前11時ころ、天気も雨のなか、寄りましたがすごい行列。
どこにこんな人がいたのかというくらい。
隣にある野菜や鶏肉の直売所にも多くの人が。

 

厨房では、仙人のようなおじいさんが調理をしていました。
壁に色々な人と映った写真などがありましたので、オーナーさんでしょうか。

 

メニューはシンプルにたまごかけご飯定食のみ。
惣菜一品(高野豆腐)、味噌汁、漬物付きで、ごはんを並か大を選択するだけ。

 

副菜で、鶏の唐揚げ、海苔、梅干、辛子明太子、うにのり、惣菜などがトッピングできます。

 

今日は、定食に唐揚げをプラス。

 

卵は食べ放題、こんな感じでガサっともれなくついてきます。
ここの人気の秘密は、生後半年くらいの若鳥が産んだ卵しか使っていないそうです。
一番鶏が健康な時期に産んだ、一番栄養が詰まっている時期の卵なのだそう。

 

確かに割って落としてみると、弾力が違うのが一目でわかります。
ぜひ、ひと口目は何も付けずにと、言われましたので、そのまま掛けて食べてみることに。

 

私は、実は白身が苦手です。
ちょっと鼻水を啜ってるようで、口の中が気持ち悪くなります。
なので、子供のころから黄身だけで白身は捨てる、「 贅沢な子 」として育ちました。
しかし、目の前にこんな注意書きがあると、白身も落とさないとしょうがありません。

 

まさに「 TKG! 」。
一口食べて驚きです。
美味しい、醤油が全く必要ないほど卵の黄身が濃厚で、甘い。
そして、生臭さは全くと言っていいほど有りません。
こんな卵は初めて食べました。

 

醤油は、ベーシックの醤油、ニンニク醤油、山椒醤油の3種類あります。
飽きること無く何杯も食べる工夫もされていていいですね。
素材の美味しさをダイレクトに味わうなら、TKGに勝るメニューはありません。

 

弁天の里は、みずほファームの直売所に併設してます。
営業時間は10時から13時30分まで、土日祝日は14時30分までと短いです。
ランチタイムは、駐車場が混みあうので、できるだけ早めに足を運んだ方が良いと思います。

 

 


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
  ランキングに参加中!
クリックして応援お願いします!

  • 建売・土地情報 ご家族そろって、お近くのモデルハウスへお気軽にお越しください!
  • 資料請求 家づくりにちょっとでも不安がある方、これから家を建てる方に役立つ情報が満載です。