宝塚市寿楽荘(棟上工事)|スタッフブログ|グロースファミリーハウス|北摂・阪神間エリアの新築一戸建て情報
トップページ > スタッフブログ >  宝塚市寿楽荘(棟上工事)

スタッフブログ

2021.10.13 NEW

 宝塚市寿楽荘(棟上工事)

こんにちは!営業開発課の高畑です。
先週の金曜日、宝塚市寿楽荘の棟上工事の現場確認に行ってきました。
建築設計室の德川さんも一緒に行きましたが、実は私たち二人とも棟上げ工事の現場は初めてでした。

 

現場は、『 グロースファミリーハウス宝塚寿楽荘 』。
現場に着くともう棟上工事はひと段落していました。
行く前から延時部長に、
「 この現場は、グロースファミリーハウスシリーズのなかでも一番大きなモデル 」
と聞いていましたが、やはり大きいです。
一気に棟が上がると建物の形が見えはじめ、存在感があります。

 

現場では、大工7人、クレーンオペレーター1人の8人で作業中でした。
役割は、棟梁(木造建築物の組立て等作業主任者)が、全体の指揮をとります。
他の大工は、棟梁の指示に従い行動します。
あとは、クレーン車に柱や梁を上げるロープを掛けたり、外したりする玉掛け。
そして、クレーンオペレーターにどこに柱や梁を下すか合図をする人。
皆さん、無駄のない動きで忙しく現場が進んでいきます。

 

棟上工事(上棟)は、地域や大工、工務店などによって認識の違いがあります。
一般的に住宅の建築において、柱や梁など建物の基本構造が完成します。

 

その時に、家の最上部で屋根を支える「 棟木(むなぎ)」と呼ばれる木材を取りつけることを指します。
棟木を取り付けることで、建物の骨組みが完成します。
建築工事の着工と完了のちょうど中間にあり、建物の形態がおおよそ整ったという段階です。

 

グロースファミリーハウスでは、プレカット工法で建築しております。
なので、現場で大きな材料を切ったり、欠いだりということはしません。
プレカット工法とは、構造材の仕口加工などを機械化した工場で行うことです。

 

建築現場での加工を減らすことで、工期短縮や加工精度向上、現場廃材の削減などにつながっています。
大工はプレカット図面を元に、平仮名や番号が振られている材料を巧みに組み立てていきます。

 

順序を間違えれば、やり直さなければならなくなるため、熟練の知識が必要とされます。

 

夕方ころには野地板(屋根の下地合板)は張り終えます。
そこからルーフィング(屋根の防水処理)を張り、雨仕舞い完了の予定。

 

グロースファミリーハウスでは一日で屋根部分の雨仕舞いまで行います。
大工をはじめ、上棟時に関係している協力業者の段取りや連携力、また協力業者それぞれが一流のプロ集団。
プロ意識を持っているからこそ、ここまでのスピード感で仕上げることができます。

 

ちょうど帰るころには、現場監督の西田さんからも無事に上棟の報告をもらいました。
『 グロースファミリーハウス宝塚寿楽荘 』は、来年1月竣工予定です。
今後もグロースファミリーハウスにご期待ください。

 


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
  ランキングに参加中!
クリックして応援お願いします!

  • 建売・土地情報 ご家族そろって、お近くのモデルハウスへお気軽にお越しください!
  • 資料請求 家づくりにちょっとでも不安がある方、これから家を建てる方に役立つ情報が満載です。