FC東京戦(Jリーグ第29節)|スタッフブログ|グロースファミリーハウス|北摂・阪神間エリアの新築一戸建て情報
トップページ > スタッフブログ >  FC東京戦(Jリーグ第29節)

スタッフブログ

2022.09.10

 FC東京戦(Jリーグ第29節)

本日行われたJリーグ第29節、FC東京戦の現地観戦レポートです。
松田浩監督にとって初のホーム、パナソニックスタジアム吹田で勝利で飾れなかったガンバ大阪。
「 解任ブースト発動 」も不発に終わり、まだ浮上のきっかけをつかめたとは言えない状況。
順位を16位に落とし、厳しい残留争いのなか、先週に引き続き2ゲーム連続でのホームゲームに挑みます。

 

ようやく朝晩の暑さも和らぎ、秋の気配が近づいてきました。
ただ、今シーズンのJリーグのカレンダーは、2022FIFAワールドカップ開催にともない、11月まで。
ガンバももう残りゲームは少なくなっています。

 

今日もココから。
夕方、業務終了後にスタジアムへ。
日が暮れるのもすっかり早くなりました。

 

今日のアウェイスタンド。
対戦相手、FC東京のサポーターも多く駆け付けていました。

 

今日のノースフェイス。
11月から「 声出し応援 」が認められたことが発表されました。
最近の手拍子による応援も、単調になりつつありますので、1ゲームでも早く声を出してサポートしたいところ。

 

ガンバサポーターにとって、16位といっても全く安心はできません。
17位のヴィッセル神戸、最下位のジュビロ磐田はいずれもガンバより2ゲーム、消化が少ない。
逆にきっかけを掴まれると、すぐに追い越される状況なだけに、特にホームでの取りこぼしは禁物です。

 

3ゲーム連続でスタメンだったディエゴ(クォンギョンウォン)が出場停止となりました。
最終ラインには、源(昌子源)が復帰。
松田監督の基本ベース、4-4-2システムの最終ラインは、左から黒川圭介、源、弦太(三浦弦太)、瑠(髙尾瑠)。
今考えられる、ベストメンバー。

 

ディエゴと呼吸が合っていなかったハル(藤春廣輝)に替わり、黒川を起用。
テーピングの状況から、彼も万全でないことはわかります。

 

片さん(片野坂知宏)が監督の時には、ディフェンスの甘さを指摘されていました。
それもあって、ほぼ干されていた状態のレアンドロ・ペレイラ。
ポルトガル語を理解できる松田監督になってから、オフェンスの中心に。
前線からのプレスで、自らボール奪取をして、何度かチャンスを作っていました。
ガンバサポーターも、これだけ彼がボールを奪取するところを見たのは初めてかもしれません。
願わくば、同じ9番タイプのパトとのポジショニングが問題。
単調になるので、どちらかが囮になる動きも必要だが・・・。
後半、交代となったが明らかに、不満気な態度で、松田監督とも握手していませんでした。
ガンバ残留には、やはり彼の爆発力は必要なだけに、気分良くプレーさせたいところです。

 

オフェンスもディフェンスもハードワークし、チームの軸になりつつあるファン・アラーノ。
パト(パトリック)、レアンドロ・ペレイラとのブラジリアントライアングルにも期待。
彼自身もチャンスは確実に作れているだけに、もっとシュートを打ってほしい。
とにかく、ゴール前での落ち着きや精度がカギになりそうです。

 

今日の今村義朗レフリーは、安定のブレブレジャッジ。
日本語がおかしいですが、いつもレフリングに疑問がつきますので、そう呼ばれています。
前半は締まったゲームでしたが、後半だけでイエローカード6枚。
うち、42分、45分、47分と立て続けにカードを出したときは明らかに、冷静さを保っていなかったといえます。
ガンバに有利、不利ということではなく、ジャッジの基準が前半と後半で違うレフリーが笛を吹いてるのかと思うくらい。

 

ほぼ不動であったセントラルMFのダワンに替え、山本悠樹を起用。
後ろから、つなぐ意識も見られましたが、最終的にドロー。
残りゲーム少ないなかで、今のガンバにとっては勝ち点3は何が何でも勝ち取らないといけません。
言い方が悪いかもしれませんが、PKであろうとミスジャッジであっても勝てば官軍です。
次戦は、いよいよ同じ下位に沈むヴィッセルとの一戦。
一戦一戦が勝負です。

We are with you
どこまでも青と黒
GAMBA OSAKA!

   明治安田生命J1リーグ第29節
   ガンバ大阪 0-0 FC東京
主審 /  今村義朗
会場 /  パナソニックスタジアム吹田(吹田市)
観衆 /  19,833人
   

 


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
  ランキングに参加中!
クリックして応援お願いします!

  • 建売・土地情報 ご家族そろって、お近くのモデルハウスへお気軽にお越しください!
  • 資料請求 家づくりにちょっとでも不安がある方、これから家を建てる方に役立つ情報が満載です。