こどもみらい住宅支援事業|スタッフブログ|グロースファミリーハウス|北摂・阪神間エリアの新築一戸建て情報
トップページ > スタッフブログ >  こどもみらい住宅支援事業

スタッフブログ

2022.11.05

 こどもみらい住宅支援事業

こどもみらい住宅支援事業の実施状況が国土交通省から発表されました。
9月末時点で、累計約561億円分の補助金申請が受付完了。
予算額は1142億円の事業なので、受け付け開始から6ケ月で予算消化率は48%となっています。

 

まだ、あと半年あるから大丈夫と思われている方も多いようですが、ここ3ヶ月は消化率が増えてきています。
しかも、この補助金は新築住宅だけでなく、リフォームにも該当しています。
リフォームの場合は、断熱リフォームに使われるので寒くなってくるとさらに消化スピードが上がると予想されています。
毎月100億円超を消化してますので、来年3月末の期限を待たずに終了することが予想されます。
ネットなどの情報を調べてみると、「 年内終了 」や「 年内に95%の予算消化 」を予想されている専門家も多いです。

 

以前にもご説明しましたが、あらためて。
「 こどもみらい住宅支援事業 」は、「 子育て支援 」および「 2050年カーボンニュートラルの実現 」の観点から、補助金が交付される事業です。
子育て世帯や若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や、世帯を問わず住宅の省エネ改修等を行う場合が対象となります。

 

ちなみに、「 若者夫婦世帯 」とは、申請時にご夫婦の、いずれかが1981年4月2日以降に生まれた世帯。
「 子育て世帯 」とは、申請時において、2003年4月2日以降に出生した子を有する世帯となっています。
簡単に言えば、国が推進する省エネ住宅を建てる、もしくはエコな住まいにリフォームする場合、国が助成しますよ、というもの。

 

新築住宅の交付申請には、「 建築確認済証 」、「 BELS評価書 」はもちろんのこと、「 基礎工事の完了後の現地写真 」が必要になります。
またあわせて、物価上昇下における着工遅延なども考慮しなければなりません。
新築住宅をご検討の方は、早めの判断が必要になります。
グロースファミリーハウスの場合で、間取りのプランニングから建築確認申請、基礎工事の着工までやはり2ヶ月ほど期間が必要です。
なので、11月中にご契約いただくと、なんとか補助金申請に間に合うスケジュールです。

 

 

グロースファミリーハウスでは、すでにこの補助金を利用して、100万円もお得に住まいを新築された施主様がおられます。
また、今月着工開始したグロースファミリハウス宝塚米谷の1期分譲でも、5棟のZEH住宅補助金(100万円)を申請中です。
ぜひ、この機会を逃すことなく、お得に新築されてはいかがでしょうか。
こどもみらい補助金に関するご相談は、国土交通省登録事業者である、グロースファミリーハウスまでお気軽にご相談ください。

 


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
  ランキングに参加中!
クリックして応援お願いします!

  • 建売・土地情報 ご家族そろって、お近くのモデルハウスへお気軽にお越しください!
  • 資料請求 家づくりにちょっとでも不安がある方、これから家を建てる方に役立つ情報が満載です。