シンコール大阪ショールーム|スタッフブログ|グロースファミリーハウス|北摂・阪神間エリアの新築一戸建て情報
トップページ > スタッフブログ >  シンコール大阪ショールーム

スタッフブログ

2024.07.06 NEW

 シンコール大阪ショールーム

こんにちは!営業開発課の武田です。
先週の木曜日、東大阪市にある『 シンコール大阪ショールーム 』に行ってきました。

 

研修ということで、同じ営業開発課の徳川さんに連れてきてもらいました。
もちろん、付さんも一緒です。

 

目的は、内装に使用するクロス(壁紙)、クッションフロアーの選定です。
内装のイメージで大きな部分を占めるクロス。
ですから、図面やカタログ上では選定が難しい時、こちらで実物の確認をします。
ちなみに『 シンコール 』という商品ですが、社名はシンコー株式会社だそうです。

 

ショールームは平日だったので、貸し切り状態。
カーテン、カーテンレール、壁紙、カーペット、ブラインド、フロアタイルなど。
トータルコーディネートを手に取って比べて選べるようになっています。

 

今回の目的は、クロスがメイン。
カタログには、2000点以上のクロスが掲載されていますが、実はシンコールのクロスは店舗で使われることがとても多いです。
最大手のサンゲツなどと比べても個性的な柄が多いので、選択肢が多く、プロユーザーからはとても支持されています。

 

カタログの小さなサンプルや画像で見るよりも大きな面積で実際の色や柄を見比べることができます。
なので、より実際に部屋に貼ったときのイメージがしやすいです。

 

ショールームのレイアウトは、まるでブティックで生地を選びながらオーダーメイドの服をつくるような感じ。
そんなわくわく感に満ち溢れています。

 

ひと口にクロスといっても、ひび割れ防止の樹脂製のもの、抗ウイルス性などもあるということを知りました。
徳川さんに教えてもらうと、最近のトレンドでは、「 トープカラー 」といわれる、くすみ色をセレクトされる方が多いそうです。

 

クロスはこのように品番順に並んでいました。
定番のベース素材となる落ち着きのあるもの。
それから、動物のイラストなどがデザインされたポップなものまで、本当に様々で、見ていてとても楽しかったです。

 

ベーシック部分で採用している『 SL+ 』。
人気ランキング1位の811、2位の812はグロースファミリーハウスでも玄関やホール部分に採用しています。

 

このクロスは、「 抗菌 」で「 耐クラック 」素材なので、よくベース素材でセレクトするクロスです。
よく品番を確認すると、グロースファミリーハウスのコーディネートで使われている品番もたくさんあります。

 

住宅で主によく使われるこちらの「 BEST シリーズ 」は、ベースに使いやすい無地調セレクション。
大きく分けて織物調・石目調・和調のトップで紹介されています。
同じホワイトやベージュでも、柄や表面の凹凸だけで部屋の印象が大きく変わるので慎重に選ぶ必要があります。

 

たくさんの種類がありますので、方向性が決まっていないと迷ってしまいます。
なので、ショールームに来られる前に必ず、方向性は決めてきた方が良いです。
多くの施主様が迷われるのが、ベース生地ではなくアクセント部分の貼り分け。

 

例えば、白地に薄いグレーでレンガ調に陰影をつけたデザインなど人気ですが、サンゲツやリリカラは近くで見るとニセモノ感が強い。
シンコールは、唯一、印刷感がなく実際に紙に立体感があり、触ってみても立体部分がザラっとしています。
施工例やお客様の反応などを研究した結果、グロースファミリーハウスでは、シンコールを採用しています。

 

グロースファミリーハウスで、選定されている仕様から選ぶのですが、種類が多すぎて大変です。
最近流行りのくすみカラーの壁紙ひとつとってもラメ調のものや木目調のもの等様々なデザインがあり、したいインテリアによって色々選べます。
グレー調のデザインに限っていうと、フレンチシャビーな雰囲気もナチュラルカフェスタイルなインテリアにも使えます。

 

ショールームでは、それぞれの部屋のトレンドランキングがわかるので今後にも役立てようと思います。
やはり安定のホワイト系が人気にようです。
個人的には、トイレ、洗面のデザインがとても可愛いと思いました。

 

グロースファミリーハウスで洗面脱衣室やトイレなどの水廻りの床に採用している、クッションフロアー。
CFとも呼ばれますが、クッション性に優れた床材のことです。
塩化ビニール系の素材でできているため耐水性があり汚れは拭き取るだけ、という優れものです。
木目調、大理石調やタイル調など、柄のバリエーションが豊富なのも特徴です。

 

どんな雰囲気のお部屋にしたいのか、考えるだけで楽しくなります。
ショールームでは、種類が豊富なので、きっとお気に入りの色やデザインが見つかると思います。

 

実際の床材やクロス、椅子生地やカーテンを使用した空間。
サンプルを見て派手そうだと思ったものでも、意外と部屋に馴染んでいたりします。
こんな部屋に使えそう、この色のカーテンと合わせてみたい、などの新たな発見や考えが生まれます。

 

クロスのオーダーをコスト優先で、単純に考えているビルダーが多いのが実情です。
しかし、壁と天井というのは、住まいの中でも大きな面積を占める部分です。
アクセントを取り入れる範囲にもよりますが、部屋のメインカラーになるので、上手にコーディネートしなければなりません。
住む人の気持ちや暮らしに新しい風を取り入れてもらえるようグロースファミリーハウスでは、心掛けています。

 

パソコン上であらゆることができるようなった昨今。
やはり現場に足を運んで触れてみたり、情報を肌で感じることで、よりお客様が満足感を得られる住まいに近づけると思います。
グロースファミリーハウス標準仕様の確認とともに、最新の商品・仕様とを見比べることができました。
また実際に人気がある配色や設備などの情報を耳に入れることで、いろんな選択肢が増え、今後の住まいづくりに役立てていきます。

 


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
  ランキングに参加中!
クリックして応援お願いします!

  • 建売・土地情報 ご家族そろって、お近くのモデルハウスへお気軽にお越しください!
  • 資料請求 家づくりにちょっとでも不安がある方、これから家を建てる方に役立つ情報が満載です。